バイクのお話 バイクカスタム

【バイクカスタムの第一歩!】バイクのグリップ交換!

投稿日:2018年4月30日 更新日:

バイクグリップ交換タイトル

ども!引きこもりライダーです!

ある日、バイクのグリップを見てみると

結構、摩耗していることに気付いちゃいました。

摩耗したデイトナのプログリップ

結構擦り減ったバイクのグリップ^^;

僕のバイク:CC110クロスカブには

デイトナのプログリップを取り付けていて、

3万kmはゆうに走っています。

そろそろグリップも交換時期かな?

というわけで、クロスカブのグリップを

新品プログリップに交換しました。

バイクショップでグリップ交換してもらうと

工賃が1500円程度かかるので、

当然自分で交換です^^/

1.バイクのグリップ交換に必要なモノは?

とりあえず、道具がなくては始まらないので、

バイクのグリップ交換に必要なものを準備していきます^^

1.バイクの新品グリップ

デイトナプログリップ耐震ゲルタイプ

デイトナプログリップ耐震ゲルタイプ。

まず、バイクのグリップの交換には

新品のグリップが当然必要です。

今回は今付けてるグリップと同じ、

デイトナプログリップの耐震ゲルタイプを取り付けます!

デイトナ製の耐震ゲルタイプは

内部のゲルが振動を吸収し、

ツーリングの疲労がかなり軽くなります。

このプログリップは

好き嫌い分かれる独特な形状をしてますが、

スロットル操作もしやすくなるので、

僕はこのプログリップを使い続けています^^/

2.グリップボンド

POSHグリップボンド

ちょっと年季が入りすぎ?グリップボンド!

バイクのグリップを取り付けるには

グリップボンドが必要です。

接着剤なしでポン付けすると

スロットルを開けたとき空回りしちゃいますからね^^

グリップボンドは使い切りではなく、

数回分使える量があります。

僕が使っているPOSHグリップボンドも

3回ほどグリップ交換してもまだ半分近く

余ってました^^

見た目もそこそこ年季が入ってますしね(笑)

3.パーツクリーナー

汎用パーツクリーナー

何かと役に立つパーツクリーナー。

グリップボンドでしっかり接着された

グリップを取り外すためにパーツクリーナーを使用します。

パーツクリーナーは

汎用品の安いもので大丈夫です。

4.マイナスドライバーなどの工具

バイクグリップに必要な工具

当然、工具は必須!

グリップを取り外すには当然、工具も必要です。

マイナスドライバーはグリップの

接着剤(シール)を剥がす際に使います。

ただし、マイナスドライバーの先端は

ハンドルを傷つけてしまいやすいので、

作業に自信がない人は先端が丸い

シール外しドライバーを使いましょう。

あと必要な工具はバーエンドを外す工具。

これは車種によって違うので、事前に調べておきましょう^^/

僕のクロスカブのバーエンドは六角レンチで

外せるので、六角レンチを用意します。

バイクのグリップ交換に必要な道具も

一通り揃えたので、

ここからはいよいよ本番!

グリップ交換に取り掛かりますよ~^^/

2.バイクのグリップ交換の方法

バイクのグリップ交換は20~30分程度で終わります!

それでは、ササッと新品グリップに変えちゃいます^^/

まずバイクのグリップ交換で最初に外すのはバーエンドです。

1.まずはバーエンドを取り外す。

バイクバーエンド取り外し

まずはバーエンドを外します^^/

バーエンドは六角レンチでサッと取り外します。

取り外しは1~2分で済んじゃいます!

ただし、

バーエンドは純正のものだと、

ありえないほど強力に接着している

場合があるので、要注意です!

とりあえず、僕のクロスカブは

社外品のバーエンドなので、簡単に外せました^^

2.古いグリップを取り外す。

バーエンドを取り外したあとは

古いハンドルグリップを取り外していきます。

まずグリップとハンドルの間に

マイナスドライバーを差し込んでいきます。

このとき、マイナスドライバーの先端で

ハンドル側を傷つけてしまいやすいので、

グリップ側にドライバーを押し付けながら、

差し込んでいくといいです^^

バイクのグリップ取り外し

マイナスドライバーでグリグリしながら、パーツクリーナー噴射!

マイナスドライバーを差し込んだら、

今度はパーツクリーナーのノズルを

ハンドルとグリップ間に差し込んで吹き付けます!

パーツクリーナーで潤滑しながら、

接着剤を溶かしてグリップを外しやすくします。

次はマイナスドライバーを1回転させて、

バイクのグリップの接着剤を剥がし、

グリップを回転させながら、取り外していきます^^/

グリップボンドまみれのスロットルスリーブ

ハンドルにはボンドがこびり付いてる!

無事、グリップを外したら、

スロットルスリーブがボンドまみれでした^^;

このままではボンドも塗りにくいし

見てくれもよろしくないので、

パーツクリーナーでスロットルスリーブに

こびり付いたグリップボンドを落としていきます。

クロスカブのスロットルスリーブ

超綺麗になったクロスカブのスロットルスリーブ!

スロットルスリーブも綺麗になったので、

今度は新品グリップを取り付けていきます^^/

3.新品グリップを取り付ける。

まず、新品グリップを取り付ける前に

グリップボンドを塗布していきます。

ボンドを塗りすぎないように

まんべんなくスロットルスリーブに塗布します。

グリップボンドを塗る

グリップボンドを塗布!つけすぎ!?

・・・・・・・・・・

塗りすぎないようにと言っておきながら、

ちょっと塗りすぎたかもしれませんね(汗)

次は新品グリップを取り付けていくのですが、

僕のクロスカブはグリップの全長より

スロットルスリーブの長さが少し長いので、

グリップとスイッチボックス間に

グリップスペーサーなるものを挟んで、

ちょうどいい具合に調整します。

グリップスペーサーをグリップと

スイッチボックス間に挟むだけでは

スロットル操作に干渉してしまう恐れがあるので、

あらかじめ、グリップとグリップスペーサーを接着して固定します。

グリップスペーサー

グリップスペーサーで長さを調整^^/

車種によってはグリップスペーサーなしでも

取り付けできるバイクもあります。

あらかじめ、グリップの全長と

ハンドル部の長さが合うかどうか

調べておきましょう。

あとはボンドが渇いてしまわない内に

グリップを取り付けていきます^^/

グリップとスイッチボックスのクリアランス確保

グリップとスイッチボックスのクリアランス確保ー!

グリップをハンドルに挿入したら、

グリップとスイッチボックス間に

バイクのスロットル操作に干渉しない程度の

クリアランスを空けるように位置を調整します。

グリップを取り付けた後は、

バーエンドを取り付け直すだけ!

これで右側のグリップ取り付けは完了です!

右側のグリップ取り付け完了!

残る反対側も同様の手順でグリップを外し、

NEWグリップを取り付けていきます^^/

反対側のグリップもサッと取り付け!

左右グリップも新品に交換して、

バイクのグリップ交換も無事終了!

おNEWのグリップを握って、早速ツーリング!

といきたいところですが、

グリップボンドが完全に硬化するまで

1~2日はかかります^^;

ボンドが完全に硬化したら、

グリップ取り付け完了=ツーリングスタートですね^^

3.バイクのグリップ交換まとめ。

はじめのうちは、

バイクのグリップ交換?

なんか面倒~

と思うかもしれないですが、

グリップ交換に必要なステップは

1.バーエンドを取り外す。

2.グリップを外す。

3.グリップを取り付け。

4. バーエンドを取り付けで完成!

この4ステップだけです!

バイクのグリップ交換は

作業時間も30分以内で済む上、

見た目も操作性もアップするお手軽カスタムです^^

DIYバイクカスタムの第1歩として

愛車のグリップを交換しちゃいましょう!

関連記事


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

記事下




記事下




-バイクのお話, バイクカスタム
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GSX1300R隼 カスタムまとめ vol.4

どうも、引きこもりライダーです! 今回はGSX1300R隼のカスタム vol.4をお送りします。 これから隼をカスタムしたい方は 是非、参考にして下さい^^ ※今回、紹介するのは2代目隼のカスタムにな …

【ハヤブサカスタム総決算】GSX1300R 隼カスタムまとめvol.1

スズキが世に送り出した 唯一無二のバイク、 GSX1300R HAYABUSA。 隼のカスタムパーツは豊富にラインアップされ、 好きなように弄べるのも隼の魅力の一つです。 今回はGSX1300R隼のカ …

スズキGSX1300R隼の燃費について。

なんだかんだで気になるバイクの燃費。 今回はスズキのフラッグシップモデルであり、 猛禽類:隼の名を冠した GSX1300R隼の燃費に について語っていきます。 この隼というバイクは 1340ccという …

バイクのスリップオンマフラーのお話。

バイクカスタムといったら、 まず頭に浮かぶのはマフラーではないでしょうか? バイクカスタム初心者でも簡単にでき、 その上効果も高いカスタムに スリップオンマフラーの交換があります。 マフラー交換には …

【黒魔テック特集】GSX1300R隼カスタムまとめvol.3

隼乗りの間では有名なカスタムパーツ。 それが「黒魔テック」 GSX1300R隼カスタムまとめvol.3では 2代目隼の黒魔テックパーツを紹介していきます^^ ~この記事の目次~1.黒魔テックナックルガ …

引きこもりライダ-メールマガジン

プロフィール

プロフィール

引きこもりライダー

鹿児島県在住のフリーランス、
引きこもりライダーです。

愛車の隼とクロスカブで
日本全国を駆け巡る
【バイクで旅する引きこもり】です。

詳細Profile

ツイッター

旅するセミナー

YouTube

YouTube

instagram