バイクのお話 バイクメンテ

【バイクの血液!】バイクのエンジンオイルのお話。

投稿日:2018年4月10日 更新日:

バイクエンジンオイルタイトル

バイクにとっての血液とも言われる液体。

それがエンジンオイルです。

オイルの知識を知っておかないと

バイクのエンジンの寿命を

大きく縮めることもあります。

今回はバイクのエンジンオイル

について解説していきます。

1.エンジンオイルの役割。

バイクのエンジンにとって、

エンジンオイルが果たす役割は

潤滑、洗浄、密封、冷却、防錆。

主にこの5つです。

1.潤滑

エンジン内部では

ピストン、クランクシャフト

カムシャフトといったパーツが駆動しています。

エンジンオイルは

それらが動くことで生じる

金属同士の摩耗や焼き付きを軽減する

潤滑作用の役目があります。

2.洗浄

エンジン内部では

燃焼や回転作用によって様々な汚れ

が常に発生しています。

その汚れが

エンジン内部に溜まらないように

オイルが循環しながら汚れを吸着し、

洗浄分散してくれます。

3.密封

シリンダーとピストンの間には

僅かな隙間があります。

エンジンオイルはその隙間に入り込み

エンジン内部の気密性を保持して、

爆発エネルギーを外に逃がさないよう

にしています。

4.冷却

エンジン各部は燃焼や摩擦によって

高温状態になります。

オイルはエンジン内部を

循環して熱を吸収して、

オイルパンに戻り、冷却されます。

5.防錆

エンジン内部と外部では

温度差があるため、

結露による水分が発生しやすい

状態にあります。

エンジンオイルはこの時、

膜を張って水分を吸収し、

エンジン内部の錆びを防ぐ

役割があります。

2.エンジンオイルの規格

バイク用のエンジンオイルの規格は

いくつもの種類があります。

一般的によく知られているのは

JASO」と「API」です。

1.JASOとは?

JASOは

4サイクルバイク用エンジンオイルの

規格でMAMBの2つがあります。

MAは高摩擦特性のオイルで

ギア付きのバイクに使用されることが多いです。

MAの説明のための画像

MAは高摩擦特性のオイル。

対して、MBは低摩擦特性のオイルで

エンジンとミッションが別体の

スクーターに使用されることが多いです。

2.APIとは?

APIとはアメリカ石油協会が定めた

石油に関する規格の総称です。

日本国内ではエンジンオイルの

グレードのことを指しています。

洗浄能力や耐久性の違いで

SAからSNまでの表記がありますが、

バイク用はSG以上のグレードと

規定されています。

SGを最低限の指標として、

バイクオイルを選びましょう。

3.オイル粘度表示の読み方

よくオイルのパッケージに

SAE 〇〇W-〇〇

という表示があります。

これはオイルの粘度を示す値です。

SAEは米国自動車協会が

定めた粘度分類です

­ハイフンより右のWは

winter gredeの頭文字をとったもの。

すなわち、低温時の粘度を差します。

この値が低いほど低温時でも

流動性が高く、抵抗が少ないことを

示しています。

低温時の粘度が低いオイルは

サラサラのものが多いです。

ハイフンから左の数字は

高温時(サマーグレード)の粘度です。

この値が高いほど、高温でも粘度を保ち、

油膜保持やせん断性に優れたオイルで

あることを意味します。

オイル粘度

SAE粘度の見方

バイクの車種ごとに

推奨する粘度レンジが定められているので

適正な粘度のオイルを使用しましょう。

推奨粘度より大きくかけ離れたオイルを

使用するとオイル漏れを起こしたり、

回転が鈍くなることがあるので、

注意しましょう。

4.エンジンオイルの種類

エンジンオイルとは

「ベースオイル(基油)」に

特定の性能を引き上げるための

「添加剤」が加えられたものです。

エンジンオイルの品質や性能は

ベースオイルの種類や添加剤の配合

により異なります。

エンジンオイルの種類は

鉱物油、化学合成油、植物油、

部分合成油。

主にこの4つです。

1.鉱物油

原油は精製して

灯油、軽油、重油などの

燃料系オイルを段階的に取っていきます。

その最後に残る「原油の搾りカス」。

それがタールです。

そのタールを様々な過程を得て

精製して作る低コストのベースオイル。

そのベースオイルを使用したのが鉱物油です。

鉱物油は重油を精製し、

比較的安価に作ることができますが、

複数の成分で構成されるため、

劣化や汚れるスピードが早いです。

2.化学合成油

原油の精製技術が進むにつれ、

精製段階で燃料系オイルを取るだけでなく、

潤滑のためのオイルも取ることが可能になりました。

この潤滑のためのオイルをベースに

化学的に合成したものが化学合成油

鉱物油と比べ劣化が少なく、

常に安定した性能を発揮します。

ただし、原油精製の過程の中間で取る

特殊なオイルのため、コストは

鉱物油よりも高くなります。

現在は原油だけでなく、

天然ガスから必要な成分を分解して

作ることも可能になり、一般でも

手が届きやすい価格帯になっています。

3.部分合成油

鉱物油と化学合成油をブレンドし

コストを抑えつつも化学合成油の

長所を活かしたオイルです。

両者の配分によって

経済性や性能を調整できます。

4.植物油

菜種油やひまし油から精製された

植物由来のベースオイル。

粘度が高いのが特徴で

少ないものの一部メーカーから

発売されています。

5.エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルの交換サイクルは

走行距離、走り方、時間など

様々な要素を考える必要があります。

1.距離や走り方による。

エンジンオイルはエンジン内部に

投入した直後から劣化や酸化がはじまります。

本当なら走る度にオイル交換するのが

エンジンにとっていいのですが、

それではキリがありません。

メーカーの交換推奨距離は3~4000km

この距離はメーカーが実施する

耐久テストを繰り返した結果、

エンジンの性能を発揮し続けられる

目安となっています、

当然、乗り方や車種によって

オイルの交換時期は異なります。

ハードに走れば、

その分、早めの交換が必要ですし、

高回転まで回す小排気量バイクも

早めの交換が必要となってきます。

2.時間も考慮する。

走行距離や走り方だけでなく、

乗ってない時間も考慮することが大事です。

バイクに乗らない間も

オイルはエンジン内部で酸化し続けています。

酸化が進むと潤滑性もグンと落ちます。

例えバイクに乗っていたとしても、

走行距離が少ないと

エンジン性能は1年以上は維持できない

と考えた方がいいです。

メーカーではエンジンオイルは

半年毎の交換を推奨していますが

早いにこしたことはないです。

6.エンジンオイルの選び方

エンジンオイルは各メーカーから

様々な種類がリリースされています。

ライダーがエンジンオイルを選ぶ際、

その成分や価格に注目しがちです。

しかし、

いい成分が配合されていて

値段が高価なものが

エンジンオイルとして無条件に

優れているとは限りません。

サーキットで高回転域を常に使う人

ツーリングで低回転域メインで使う人

通勤でしか使わない人

使用シーンにより条件が大きく異なります。

サーキットでの

過酷な使用条件をクリアした

レーシングオイルの性能は

非常に高いのですが、

それは高負荷、高温時の状態で

使用したときの話。

逆に言えば、

高負荷、高温でないと

オイルの性能をフルに発揮することが

難しいオイルでもあります。

一定の温度域に達してないと

オイル本来の性能を発揮するどころか

シフトが硬いなど、扱いにくい場合もあります。

ワコーズトリプルR

レーシングスペックオイルが愛車に合うオイルと限らない。

エンジンオイルはエンジンが

どういう条件で使われるのか想定して

設計されています。

エンジンオイルを選択する際には

愛車のエンジンと

使用条件に適したものかどうか考えると

オイル選びも失敗しにくくなります。

劣化しにくい、

高温、高負荷に耐える

始動性が高いなど、

人によってオイルに求める性能も様々です。

高性能オイル=万能オイルとは限りません。

愛車の使用用途に合ったオイル選びを

心がけましょう。

7.バイクのエンジンオイルまとめ。

今回は

 ・エンジンオイルの役割

 ・エンジンオイルの規格

 ・オイル粘度の読み方

 ・エンジンオイルの種類

 ・エンジンオイルの交換時期

 ・エンジンオイルの選び方

について説明しました。

エンジンオイルはバイクの消耗品の中でも

非常に重要で奥深く、

バイクのエンジン寿命に深くかかわる

アイテムです。

バイクのエンジンオイル選びは

正しい知識を持って、

愛車と長く付き合えるオイルを選びましょう。

関連記事



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

記事下




記事下




-バイクのお話, バイクメンテ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【CC110カスタム総集編!】クロスカブカスタムまとめ その2

こんにちは!引きこもりライダーです! 今回はCC110クロスカブカスタムまとめ その2 をお届けします。 前回のCC110クロスカブカスタムまとめ その1では クロスカブのフロント周りのカスタムパーツ …

【CC110カスタム総集編!】クロスカブカスタム まとめ その1

どうも!引きこもりライダーです! 今回はCC110クロスカブカスタムまとめ その1をお送りします^^ 2018年2月に発売されたホンダの新型クロスカブ。 旧型となった僕の中華製クロスカブですが、 旧型 …

【黒魔テック特集】GSX1300R隼カスタムまとめvol.3

隼乗りの間では有名なカスタムパーツ。 それが「黒魔テック」 GSX1300R隼カスタムまとめvol.3では 2代目隼の黒魔テックパーツを紹介していきます^^ ~この記事の目次~1.黒魔テックナックルガ …

【チェーンメンテの必需品!】バイクのチェーンオイルのお話。

ども!引きこもりライダーです! 愛車の大事な足回りであるバイクのチェーン。 そのバイクのチェーンメンテナンスにおいて 必要なのがチェーンオイルです。 バイクチェーンに潤滑と防錆効果を 与えるチェーンオ …

【清掃&注油コツコツやろう!】バイクのチェーンメンテナンスのお話。

どうもー、 引きこもりライダーです。 この記事では バイクの基本メンテナンスの1つである バイクチェーンの清掃&注油、 いわゆる バイクのチェーンメンテナンスについて 説明していきます。 バイクの基本 …

引きこもりライダ-メールマガジン

プロフィール

プロフィール

引きこもりライダー

鹿児島県在住のフリーランス、
引きこもりライダーです。

愛車の隼とクロスカブで
日本全国を駆け巡る
【バイクで旅する引きこもり】です。

詳細Profile

ツイッター

旅するセミナー

YouTube

YouTube

instagram