バイクで旅しよう バイク旅アイテム

【バイクで旅しよう】バイク旅アイテム3種の神器とは!?

投稿日:2018年2月23日 更新日:

バイクで旅しようタイトル

どうも-!

引きこもりライダーです!

今回は

近い将来バイクで旅したいけど、

何を揃えていいか分からない。

そんな彷徨えるライダーに

バイク旅に必要なアイテムを

伝授していきます!

まずバイクで旅するなら、

とりあえずこの3つは持っていけ!

ということで、

バイク旅に必要な3つのアイテム

いわゆる【3種の神器】

これをレクチャーしていきます!

というわけで、

肝心のバイク旅に

必要な3種の神器とは何か?

早くもここでネタばらしします!

バイク旅3種の神器とはズバリ、

テント

寝袋(シュラフ)

マット

この3つです!

3種の神器は!

旅に必須の3種の神器、テント、シュラフ、マット。

テント寝袋マット

この3つさえ持っていけば、

バイク旅、

というか旅全般どうにかなります。

むしろこの3つが無くても、

どうにかする人は

どうにかしちゃうんですけどね(汗)

それでは早速、

バイクで旅する3種の神器を

1つずつ解説していきます!

 

1.テント

テントも必要。

愛用のモンベルクロノスドームⅡ型

バイクで旅するなら、

まずテントは外せません!

2~3日程度のツーリングなら

ツーリング先のビジネスホテルや

民宿に泊まるのも全然アリです。

で・す・が、

10日を軽く超えるバイク旅と

なれば、話は別です!

毎日、

ビジホに泊まっていたら、

お金がいくらあっても足りません!

それにですね、

何よりキャンプしないと楽しくないし、

旅してるという感じがしない!

なので、

我々旅人はテントを張ってキャンプ

=野営するのです。

テントといっても、

各メーカー色々な種類を

リリースしていて、

キャンプ初心者は何を買えばいいか

迷いに迷います。

僕もそうでした、

一日中、パソコン画面の前で

どのテントにしようかと

うじうじ悩んでいました(笑)

とりあえず、最初に買うテントは

3~4千円の格安テントで十分です。

まず、

いつでも壊れてもいい格安テントで

設営の練習やキャンプ経験を積んで、

そのテントの長所や短所を知ってから、

次のテントに

レベルアップするのをオススメします。

ちなみに僕は

格安テントをしばらく使った後、

モンベルのクロノスドームⅡ型に

落ち着いています。

ブランドメーカーのテントは

そこそこ値段は張りますが、

2017年に敢行した

60日間に及ぶ日本縦断の旅も

クロノスドームⅡ型で

何事もなく無事帰還できました!

長期のバイク旅だと

信頼できるブランドのテントを

購入すれば、間違いないです!

テントを選ぶ際の注意点は、

バイクは車とは違い、

積載がかなり限られてるので、

ちゃんとバッグやパニアケースに

収納できるサイズを吟味して

選ぶようにしましょう。

2.寝袋(シュラフ)

シュラフも必要!

シュラフも定番モンベル。

キャンプ場でテントを張ったあとは

日が暮れて、お休みの時間。

その時、

ライダーが明日に備えて、

快適に眠るために、

必要なのは、、、

寝袋(シュラフ)です!

こちらもテント同様、

シーズンや様々なシーンに合わせて、

様々なシュラフが販売されています。

寝袋の形状としては

マミー型

封筒型

とありますが、

初めて買う人は

特にこだわりがない限り、

気にしなくていいです。

最初はとりあえず、

テントと同様、

安いシュラフを買えばOKです!

シュラフを初めて買う人は

格安シュラフを購入して、

しばらく使用したのち、

そのまま使い倒すか、

テントと同じく

ブランド物のシュラフに

チェンジしていく方がベストです。

シュラフの中綿には

ダウンと化製綿の2種類があります。

ダウンの方が保温性が高く、

コンパクトですが、

値段が化製綿より高く、

濡れると保温力が下がったり、

メンテナンスに手間がかかります。

長期のバイク旅で持っていくのは

よほどのこだわりがない限り、

化製綿をオススメします。

寝袋があった方が快眠できるのは確かです。

た・だ・し!

真夏の蒸し暑い熱帯夜は例外です!

テント内がサウナ状態になります!!

寝袋にくるまって寝るどころか、

テント内にも居られなくなります。

なので、

真夏の夜は睡眠不足は

覚悟しておいた方がいいです(笑)

3.マット

テント、シュラフも揃えた!

次に必要なのはマット!!

マット?

これってそんなに必要?

とキャンプしたことない初心者は考えます。

僕がまさしくこの状態でした(笑)

マットは実は、、、

テントよりも寝袋よりも重要です!!

・・・

・・・

ちょっと言いすぎました(笑)

マットを敷かず、

寝袋だけで寝ると

どうなるかというと、

地面の感触がほぼダイレクトに伝わり

非常に寝心地が悪く、

快眠には程遠いです。

整備されてる芝生で覆われた

キャンプ場ならまだしも、

地面が石ころだらけの無料野営場だと、

石のゴツゴツ感を体にモロに受けるので、

とてもじゃないけど寝れません。

なので、

キャンプ場で快眠するためには、

テントを設営して、

ただ寝袋でくるまるよりも

マットを敷くこと、

これが前提条件なのです!

マットもテントやシュラフと同じく

各メーカーこれでもかというほど、

色々リリースしてますが、

まず最初は

銀マットでOKです。

というか、

初心者は迷うことなく

銀マット1択です!

理由は

安くて丈夫、

そして、設営&撤収がラクだから!

僕も当然、

最初は銀マットの

お世話になっていましたが、

マットも重要!

銀マットからコンパクトなモンベルマットにチェンジ。

コンパクトで快適で高価な

モンベルスリーピングマットにすぐ浮気しました(笑)

ただし、

僕のモンベルスリーピングマットは、

エアーを注入するタイプなので、

設営と撤収の際にエアーを

出したり入れたりしなければいけません。

おまけに生地が破れて、

エアーが漏れる心配も

なきにしもあらずです。

対して、

銀マットは広げるだけで

パッと展開できます!

その上、

丸めるだけでサッと撤収できる!

そして、多少傷ついても大丈夫です!

旅先でたとえ破れたとしても、

ホームセンターに普通に売ってるので、

すぐに交換してしまえば

ノープロブレムです!

やはりコスパ的にも

銀マットが最強かも

とこの記事を書いていて

思う優柔不断な僕でした(汗)

関連記事

4.これから旅するライダーへ

バイク旅に必要な3種の神器、

テント、シュラフ、マット。

これらは安いものだと

3つ合わせて5000円以内で

揃えることができます。

バイクで旅するために必要なアイテムは

他にも色々あります。

ですが、

最低この3つさえ持っていけば

どうにかなるので、

テント、シュラフ、マットをゲットしたら

即バイク旅することをおすすめします。

・・・・・

というのは冗談で、

どんなにバイク旅に必要な道具だけ

たくさん揃えても、

実際に行動=バイクで旅しないと

なにも始まりません。

これからバイクで旅したい方は

まずは近場からでもいいので、

是非、行動に移してみて下さい。

バイクで旅する3種の神器

関連記事




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

記事下




記事下




-バイクで旅しよう, バイク旅アイテム
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. hiro2088 より:

    はじめまして、愛知県のhiroです。
    まったくそのとおりだなあと、興味深く読ませていただきました。
    僕も、はじめはテントもシュラフも安物でスタートしました。
    テントはその後DUNLOPにして、今はDUNLOPの登山グッズのブランドの登山用のテントを使っています。軽くて小さくてしかも丈夫ということで決めました。
    シュラフは、とにかく小さくなる物という基準で選びました。夏しかキャンプしないので保温性などは無視です。
    そしてマット、ずっと銀マットです。これで十分という結論になっています。リアシートにくくりつけたバッグに銀マットが乗っているだけで「ツ-リンングしてるなあ」という気になります。
    と言うことで、だいたい同じような結論になるものなんですね。
    早く暖かくならないかなあと首を長くしている僕です。
    また、時々お邪魔させていただきます。
    よろしくお願いします。

    • 引きこもりライダー より:

      hiroさん、コメントありがとうございます!
      安物からスタートさせた方がリスクが少ないですもんね。
      登山用のDANLOPのテントはいい値段しますよね(汗)
      その分、小さく軽く高性能なので、長い目で見たらお得かもですね。
      寝袋は夏場は北海道を除けば、シーツでも十分なので、あまりこだわる必要もなしですね!
      マットはやはり銀マットを背負って走るのが、いかにも旅してるな~と
      いう感じでいいですよね、
      あともう少しで暖かくなるはずなので、
      そのときはお互い引きこもり脱出しちゃいましょうね(笑)

  2. ツーリングではビジホかライダーハウスばかりなのですが、そろそろキャンプツーリングデビューしようかしら??

    • 引きこもりライダー より:

      ザッキー尾崎さん、初コメありがとうございます!
      僕も最初はビジホのみ利用してましたが、勇気を振り絞ってキャンプしてみるとキャンプツーリングの虜になっちゃいました(笑)
      是非、テント道具を愛車に詰め込んで、キャンプツーリングデビューしてくださいね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅先のバイクメンテナンスについて!

憧れのバイク旅! バイクで旅に出たのはいいけど、 旅先でもメンテナンスした方がいいの? 当然、メンテナンスした方が 愛車は長持ちし、気持ちよく バイク旅することができます! 今回はバイク旅の旅先でのメ …

【出会い多しキャンプ場】沖縄南部の無料キャンプ場:北名城ビーチ。

どうも! 沖縄に未練たらたらの引きこもりライダーです。 今回は沖縄県南部にある無料キャンプ場、 北名城ビーチを紹介します。 ~この記事の目次~1.沖縄南部の無料キャンプ場!2.設備や利便性3.出会い多 …

【富山の無料キャンプ場!】園家山キャンプ場!

日本海沿いの松林の中にある 爽やかなテントサイト。 今回は富山県にある無料キャンプ場、 園家山(そのけやま)キャンプ場を紹介します。 ~この記事の目次~1、松林内にある静かな無料キャンプ場。2、設備と …

【旅するライダー必見!】バイク旅の宿のお話。

バイクで北海道2周!沖縄3周! そして日本縦断! 微妙に日本一周していない 引きこもりライダーです(笑) 今回はバイク旅の宿について話していきます。 バイクでのツーリング先の宿の確保は必須です。 車の …

【これで無料は反則級!】本州最北端のキャンプ場:大間崎テントサイト!

ども! 自称:キャンプマスターの引きこもりライダーです^^ 今回は本州最北端の地にある 無料キャンプ場:大間崎テントサイトを紹介します。 このキャンプ場、無料とは思えないほど 設備が充実したキャンプ場 …

引きこもりライダ-メールマガジン

プロフィール

プロフィール

引きこもりライダー

鹿児島県在住のフリーランス、
引きこもりライダーです。

愛車の隼とクロスカブで
日本全国を駆け巡る
【バイクで旅する引きこもり】です。

詳細Profile

ツイッター

旅するセミナー

YouTube

YouTube

instagram