バイクのお話 バイクメンテ

バイクの廃オイルの処分方法のお話。

投稿日:2018年3月21日 更新日:

廃オイル処分方法タイトル

バイクのエンジンオイル交換をしたけど、

古いオイル、いわゆる廃オイル

どこに捨てればいいんだろう、、

バイクの廃オイルの処分方法に悩みすぎて、

自分でバイクのオイル交換をする第1歩が

どうしても踏み出せない。

そういう悩めるライダーのために

今回は廃オイルの処分方法について解説します^^

1.ガソリンスタンドで引き取り

廃油となった古いエンジンオイルは

燃料として再利用できます。

そのため、

ガソリンスタンドで引き取ってもらえます

馴染みのガソリンスタンドなら

4Ⅼ程度は無料で回収してくれる所が多いです。

廃オイルはオイル缶やペットボトルに入れて、

ガソリンスタンドに持っていきましょう。

容器ごと廃オイルを

引き取ってもらえるところもあれば、

中身だけ回収する場合もあり、

GSによって対応は様々です。

セルフガソリンスタンド等に多い

オイル交換を実施していない

ガソリンスタンドでは廃オイルを

回収してもらえない場合があります。

廃オイルを引き取り可能かどうか、

事前にガソリンスタンドに問い合わせておきましょう。

また、

廃オイルの引き取り量に関わらず

費用がかかるGSもあるので、

これもあらかじめ問い合わせておきましょう。

2.廃油業者に引き取ってもらう。

不要になった廃オイルは

廃油業者に持って行くと

買い取ってもらえる場合があります

廃オイルを処分してもらえる上、

お金も手に入りラッキー!と思いきや、

廃オイルの買い取り相場は

1Ⅼ当たり2円程度と非常に安価です^^;

オイル交換を頻繁にするバイクショップや

バイク用品店ならまだしも、

1ライダーが出す

廃オイルの量はたかが知れています。

廃油業者に引き取ってもらう方法は

廃油業者がよほど近くにない限り、

あまり現実的な方法ではなさそうです。

3.廃油処理箱に入れて燃えるゴミで出す。

バイク用品店やホームセンターで

販売されている廃油処理箱

中にビニール袋と吸着剤が入っています。

バイクのオイル交換の際に、

廃油処理BOXを下に置いて

落下する古いオイルを回収した後は

そのまま燃えるゴミとして捨てるだけです。

値段も300円程度とお手頃なので、

自分で廃オイルを処分する際に

非常に重宝するアイテムです。

ただし、

自治体によっては可燃ゴミとしてではなく、

産業廃棄物扱いになってしまうことがあり、

ゴミ収集車に回収してもらえない場合もあります。

ゴミの分別基準も年々厳しくなっているので、

廃油処理箱を使う前に必ず

お住まいの自治体に問い合わせて

確認しておきましょう。

僕も以前は市販の廃油処理ボックスで

廃オイルを可燃ゴミとして処分していました。

しかし、

途中から産業廃棄物扱いになってしまい、

オイルの入った廃油処理箱を燃えるゴミで

捨てることができなくなってしまいました^^;

4.バイクショップや
バイク用品店に引き取ってもらう。

廃オイルは

バイクショップやバイク用品店でも

引き取ってもらえることがあります。

バイク用品店ならオイルを購入した店舗に

廃オイルとレシートを持参すれば、

廃オイルを引き取ってもらえる場合があります。

店舗によっては、

引き取りが有料になる場合もあるので、

オイルを購入したときに問い合わせておきましょう。

バイクを購入したバイクショップでも

廃オイルを引き取ってもらえます。

こちらも有料になる場合がありますが、

馴染みのバイクショップだと

無料で引き取ってもらえることがあります。

僕も以前は廃油処理箱を可燃ゴミとして、

ゴミ置き場に捨てていたのですが、

先ほど述べた通り、可燃ごみとして

処分できなくなりました。

なので、最近では

いつもお世話になっているバイク屋さんに

オイル缶に入れた廃オイルを持ち込み

無料で廃オイルを回収してもらっています^^

廃オイルをバイクショップで引き取り

オイル缶に廃油を入れて、バイクショップに回収。

顔馴染みのバイクショップに

無料で廃油を引き取ってもらうのは

オススメの方法です。

しかし、

廃オイルを頻繁に持っていくと

いくらお得意さんと言えど、

あまりいい顔はしてもらえません。

今後のお付き合いも考えて

バイク屋さんに廃オイルを持っていくのは

ほどほどにしておきましょう^^

5.廃オイルの処分方法まとめ。

自分でバイクのオイルを交換する場合、

オイル交換後の廃油の処理まで

責任を持って自分で処分しなければなりません。

廃油の主な処分方法は

・ガソリンスタンドで引き取ってもらう。

・廃油業者に引き取ってもらう。

・廃油処理箱に入れて燃えるゴミで出す。

・バイクショップや
バイク用品店に引き取ってもらう。

主にこの4つです。

お近くに廃油を処分する環境がない場合は

バイクショップ等にオイル交換を

依頼しましょう。

もし、

お近くに廃油を処分する環境がない場合は

バイクショップ等にオイル交換を

依頼しましょう。

関連記事



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

記事下




記事下




-バイクのお話, バイクメンテ
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【カスタムの可能性は無限大】GSX1300R 隼 カスタムまとめvol.5

どうも! 引きこもりライダーです。 早いものでGSX1300R隼の カスタムシリーズもvol.5まできました。 第5弾となる今回は 隼のリア周りのカスタムパーツ を紹介していきます。 ※今回、紹介する …

【バイクの血液!】バイクのエンジンオイルのお話。

バイクにとっての血液とも言われる液体。 それがエンジンオイルです。 オイルの知識を知っておかないと バイクのエンジンの寿命を 大きく縮めることもあります。 今回はバイクのエンジンオイル について解説し …

バイクの廃タイヤの処分方法のお話。

バイクのタイヤ交換って、結構大がかりで 大変な作業ですよね。 やっとの思いでバイクのタイヤ交換を したのはいいけど、 外した古いタイヤはどうすれば、、、 あれこれ悩んだあげく 家の物置に廃タイヤを溜め …

【遂に発売!新型CC110】新旧クロスカブ、どっちが好み?

こんにちは! 引きこもりライダーです! 先日、 クロスカブ君でツーリングする前に、 いつもお世話になっているバイク屋に 立ち寄りました。 そしたら、 店頭に一台の見慣れぬバイクを発見! やけにスマート …

【脅威の燃費80超え!】ホンダCC110クロスカブの燃費について。

どうも!引きこもりライダーです! 燃費のいいバイクと言えば、 すぐ頭に浮かぶのがカブですよね! 「世界のカブ」とまで言われ、 世界各地で日常の足として 親しまれ続けているホンダのカブ。 そのカブシリー …

引きこもりライダ-メールマガジン

プロフィール

プロフィール

引きこもりライダー

鹿児島県在住のフリーランス、
引きこもりライダーです。

愛車の隼とクロスカブで
日本全国を駆け巡る
【バイクで旅する引きこもり】です。

詳細Profile

ツイッター

旅するセミナー

YouTube

YouTube

instagram