その他

2018大河ドラマ「西郷どん」ゆかりの地を散策!

投稿日:2018年4月22日 更新日:

西郷どんタイトル

2018年大河ドラマ「西郷どん」

で大盛り上がりの鹿児島県。

今回は鹿児島県民である僕が

お散歩がてらに

西郷どんの足跡を大追跡してみました^^

1.西郷隆盛とは?

西郷隆盛は薩摩藩の下級武士の生まれでありながら、

江戸城無血開城や明治新政府樹立の明治維新に

最大の功績を残しました。

鹿児島に帰郷した後は

新政府軍と西南戦争で激突し、城山の地で自刃しました。

「天を敬い、人を愛する」

この敬天愛人の言葉からも伺えるように

多くの人を愛し愛された西郷どんは

鹿児島で最も有名な偉人となっています。

2.まずは西郷隆盛の銅像へ!

西郷隆盛銅像

威厳溢れる制服姿の西郷どん

最初に訪れたのは、西郷隆盛の銅像です。

鹿児島市美術館の一角にそびえ立つ

西郷どんの大きさは台座も入れると

約8mにも及びます。

東京の上野公園にある

浴衣姿で愛犬ツンを連れた庶民的な

西郷どんの銅像とは対照的な

威厳溢れる制服姿です。

西郷どん最後の場所となる城山で

部下と共に戦い抜くという

気迫と威厳が時空を超えて伝わってきます。

西郷隆盛銅像撮影広場

愛犬と一緒に記念撮影できる西郷どん撮影広場

国道10号線を挟んだ向かい側には

西郷隆盛銅像の撮影広場があります。

撮影広場には愛犬のオブジェが置かれていて、

西郷どんをバックに記念撮影できるようになっています

西郷隆盛銅像〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山4−36

・西郷隆盛銅像

住所:鹿児島県鹿児島市城山4-36

3.鶴丸城跡地から天璋院篤姫像へ

西郷どんの銅像から東へ400mほど進むと

鶴丸城跡地がありその跡地内に天璋院篤姫像があります。

鶴丸城跡地入口

島津家の居城:鶴丸城跡

「西郷どん」の劇中でもお馴染みの島津家の居城である鶴丸城。

鶴丸城は天守閣を持たない珍しい造りで、

「城をもって守りと成さず、人をもって城となす」

という薩摩藩独特の思想からきているものです。

現在では跡地に鹿児島の歴史資料が

展示されている黎明館が建てられています。

鶴丸城跡を入口から入ると

目に飛び込んでくるのは

石垣に残る無数の弾痕。

西南戦争の石垣の弾痕

西南戦争の激闘を物語る弾痕。

この弾痕は西郷どんが新政府軍と戦った

西南戦争のときにつけられた痕跡。

数多くの銃弾や砲弾跡が

当時の攻撃の凄まじさを物語っています。

弾痕の残る石垣を上っていくと

篤姫像があります。

天璋院篤姫像

黎明館内にある天璋院篤姫像。

2008年の大河ドラマ「篤姫」では

宮崎あおいさんが演じていたのが記憶に新しいですが、

2018年の「西郷どん」では北川景子さんが

篤姫を演じて、話題になってますよね^^

薩摩家藩主:島津斉彬の養女で

江戸幕府13代将軍:徳川家定の正室となり、

家定の没後、天璋院と名乗るようになる篤姫。

大河ドラマ「篤姫」では主役でしたが、

「西郷どん」では篤姫がどのように

描かれていくのか楽しみです^^

篤姫像

・天璋院篤姫像

住所:鹿児島県鹿児島市城山7

3.西郷隆盛、大久保利通のゆかりの地へ!

歴史ロード維新ふるさとの道

歴史ロード「維新ふるさとの道」を散策。

西郷どんの銅像から1kmほど離れた場所にある

歴史ロード維新ふるさとの道

その付近に鹿児島の両雄、

西郷隆盛大久保利通の生誕の地があります。

西郷隆盛の顔パネル

西郷どんの巨大顔パネルが!

「維新ふるさとの道」にはいつの間にか

西郷どんの大きい顔パネルが立っていました!

いつの間にこんな立派なパネルが

出来てたの?とちょっと驚きでした^^

大久保利通の顔パネル

反対側は大久保利通の顔が!

西郷どんのパネルの反対側から見ると

盟友である大久保利通の顔が

パネルに映るのは更に驚きでしたけど^^;

大久保利通生い立ちの地へ!

「維新ふるさとの道」を進んでいくと

西郷隆盛の盟友:大久保利通の

生い立ちの地に辿り着きます。

大久保利通生い立ちの地

大久保利通誕生の地ではなく、生い立ちの地^^

大河ドラマ放映中ということで

鹿児島県の観光PRのために

島津斉彬、大久保利通、篤姫に扮装した

かごしままちなかおもてなし隊

僕をおもてなししてくれました^^ 

かごしままちなかおもてなし隊

かごしままちなかおもてなし隊の皆さん。

ブログ用の写真撮影にも快諾してくれた上、

撮影ポーズまで取ってくれる

サービス精神旺盛なおもてなし隊でした^^

大久保利通生い立ちの地

・大久保利通生い立ちの地

住所:鹿児島県鹿児島市加治屋町3-26

西郷どん誕生の地へ!

西郷隆盛誕生地

西郷隆盛誕生の地。

大久保利通の生誕の地から

歩いてすぐの場所にある西郷どん誕生の地。

西郷隆盛とその弟:従道が

青年時代まで過ごした地です。

西郷隆盛誕生の石碑

西郷隆盛の大きい石碑の脇に弟:従道の石碑。

兄の西郷どんの影に隠れがちですが、

弟の従道も海軍大臣、内務大臣を歴任して、

功績を残しています。

西郷どんの家のすぐ近くに大久保利通の生まれ育った家、

よく考えるとこんなご近所に

幕末の維新三傑のうちの2人、西郷どん、大久保利通、

そして西郷従道が住んでいたというのは

なかなかすごいことですよね^^

西郷隆盛誕生地

・西郷隆盛誕生地

住所:鹿児島県鹿児島市加治屋町

4.まとめ。

今回は地元:鹿児島の西郷どん

ゆかりの地を散策しました。

西郷どんゆかりの地は

他にも沢山あるので、

気が向いたら随時記事にしていこうと思います^^

では、今日はこの辺で。

チェスト!西郷どん!!


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

記事下




記事下




-その他
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

引きこもりライダ-メールマガジン

プロフィール

プロフィール

引きこもりライダー

鹿児島県在住のフリーランス、
引きこもりライダーです。

愛車の隼とクロスカブで
日本全国を駆け巡る
【バイクで旅する引きこもり】です。

詳細Profile

ツイッター

旅するセミナー

YouTube

YouTube

instagram