バイクで旅しよう バイク旅アイテム

【迷わずゲット!】バイク旅の最強アイテム:銀マット!

投稿日:2018年3月31日 更新日:

銀マットタイトル

キャンプ道具の中で超重要なアイテム。

マット。

色々種類があってわかんないから、

とりあえず高いものを買っとけばいいかな?

いやそれは間違いです!

初めてバイクで旅するライダーが

買っておくべきマット、、、

それは銀マットです!

ここでは銀マットの魅力について語っていきます。

1.銀マットの役割

銀マットは

ポリエチレン素材の表面に薄いアルミシート

を張り付けたマットです。

銀マットのサイズは

日本人の平均身長を考慮して

長さ180cm×幅60cmのものが一般的です。

銀マットアップ

レジャーシーンでもよく見るコレ=銀マット

銀マットはテントマットとして使用できる上、

窓の断熱、車の日よけ、ピクニックなど、

幅広い使い道があります。

銀マットはよく見られるロール式の他、

折り畳み式もあります。

折り畳み式はロール式より積載が

コンパクトですが、値段が若干高いです。

銀マットの役割は

  1.クッション効果。

  2.断熱&保温効果。

     主にこの2つです。

クッション効果。

銀マットの厚さは1cm程度で

クッション性に優れていて、

キャンプサイトの地面の凹凸から

ライダーの身を守ってくれます。

いくら高性能な寝袋を使っても、

マットが無ければ、

地面の凹凸をもろに受け、

快眠にはほど遠いです。

マットと寝袋は2つで1セットと考えましょう。

断熱&保温効果。

銀マットには断熱性・保温性があります。

地面からの底冷え対策として

冷え込む時はアルミ面を上にして使いましょう。

暑い時にアルミ面を上にすると

暑くてたまりません。

銀面を下にして使用すれば、

暑さはそれなりに和らぐので、

夏場は銀面を下にして使いましょう。

銀マットはそれなりにクッション効果と

保温&断熱性があるのですが、

高性能なブランドのマットと比べ

基本性能でどうしても劣ってしまいます。

2.銀マットのメリット。

性能が低いなら、

長い目で見て、

高性能な一流のブランドマット

の方がお得だよね。

確かにそれも一理あります。

しかし、

銀マットは性能の低さを

覆すほどの沢山の魅力に溢れています。

圧倒的に値段が安い。

各メーカー、エアー注入式などの

高性能マットをリリースしています。

たしかにそれらは断熱性もクッション性も

銀マットより数段も上なのは確か。

ただし、値段が高い。

それに比べ、

銀マットは1000円程度と圧倒的に低価格。

最初は手探り状態であまりキャンプ道具に

お金をかけたくないキャンプ初心者には

うってつけの入門マットです。

どこでも買える。

銀マットは普通にホームセンターやスーパー

100円ショップなどで売られています。

旅先でボロボロになったり紛失しても、

簡単に入手できるのも大きな魅力です。

耐久性が高い。

空気注入式のマットは

生地が破れると最悪使い物になりません。

なので、地面の凹凸具合には気を遣います。

銀マットはそんな心配もなく、

サイトの芝生に直に敷いて

日光浴を楽しんだりと気軽に使えます。

ツーリングバッグやリアBOXの外に積載して

雨風に晒しても問題なく使える点も

銀マットの大きな魅力です。

銀マット積載

銀マットはバッグやBOXから出して積載するのが常識。

設営と撤収がラク。

銀マットの設営と撤収は

広げたり、巻いたりするだけで済むので、

テント設営や撤収の際、

大幅な時間短縮になります。

銀マット設営

ただ広げて巻くだけのかんたん設営&撤収

対して、

エアー注入式のマットはコンパクトですが、

空気注入にかなり時間がかかるという

最強にして最大の欠点があります。

なので、あまりオススメしません。

(経験者は語る。)

旅してる感が半端ない。

これは精神論に近いですが、

銀マットを積んでいるバイクは

一目で旅してると分かります。

ツーリングバッグやリアボックスなどに

高性能マットを収納しているとパッと見、

旅してるかどうか分かりません。

サイドケースやリアボックスを付けてても、

中に何も入れてない日帰りツーリングライダー

かもしれません。

例え、銀マット以外の折りたたみマットを

外に出して積載しても違和感があります。

なんか違う。  

それに比べ、

安い銀マットを積んだバイクを

一目見ると、

このバイク旅してるんだな、

と老若男女一発で分かってしまう。

恐るべし銀マット効果です^^

3.銀マットのデメリット

ここまでは銀マットのメリットを

長々と熱く語ってきましたが、

銀マットにもデメリットがあります。

積載がかさばる。

銀マットの最大の弱点は積載がかさばること。

車ならいざ知らず、

バイクは積載に余裕がないので、

これは大問題です。

銀マットとモンベルマットの比較

銀マットとモンベルコンフォートパッド120との収納サイズ比較

僕が使用しているもう1つのマット、

モンベルコンフォートパッドのサイズの

実に2倍近くあるサイズです。

銀マットはバッグやリアボックスに

簡単に収まるサイズではありません。

必然的にバッグやボックスの外へ出す

積載スタイルになってしまいます。

これはこれで外に出してる分、

バッグやボックス内の積載

に余裕ができるので、

積載問題はある意味解決なんですが(笑)

性能が低い。

銀マットは

高価な高性能マットに比べて

断熱性やクッション性がどうしても劣ります。

普通にキャンプする分にはそれなりに

快適に過ごせます。

しかし、

極寒の北海道などの過酷な環境下では

銀マットの性能では限界があります。

登山中のキャンプや年越し宗谷岬キャンプなど

敢行する場合は、高性能なマットを

購入しておいた方がいいでしょう。

4.まとめ。

銀マットは確かに

性能で高価なマットに劣るのは事実です。

ですが、

それを補うほどの魅力に溢れた

バイク旅の最強アイテムです。

まずは銀マットから始めて

銀マットを愛用するのもいいですし、

高性能なマットにレベルアップするのも

いいでしょう。

では、楽しいバイク旅を!

関連記事



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

記事下




記事下




-バイクで旅しよう, バイク旅アイテム
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【美ら海眺めのんびりキャンプ】沖縄の無料キャンプ場:漢那ビーチ!

眼前に広がるは沖縄の美ら海 耳に聴こえるは波のさざめく音、 今回は沖縄の海を眺めて過ごせる 沖縄の無料キャンプ場、 漢那ビーチ を紹介します。 ~この記事の目次~1.沖縄の美ら海広がる無料キャンプ場。 …

【富山の無料キャンプ場!】園家山キャンプ場!

日本海沿いの松林の中にある 爽やかなテントサイト。 今回は富山県にある無料キャンプ場、 園家山(そのけやま)キャンプ場を紹介します。 ~この記事の目次~1、松林内にある静かな無料キャンプ場。2、設備と …

【これで無料は反則級!】本州最北端のキャンプ場:大間崎テントサイト!

ども! 自称:キャンプマスターの引きこもりライダーです^^ 今回は本州最北端の地にある 無料キャンプ場:大間崎テントサイトを紹介します。 このキャンプ場、無料とは思えないほど 設備が充実したキャンプ場 …

【本土最南端!】鹿児島の無料キャンプ場:大泊野営場!

本土最南端に思いを馳せて、 一夜を過ごし、朝日を迎える野営場。 今回は 本土最南端:佐多岬の近くにある キャンプ場:大泊野営場を紹介します。 ~この記事の目次~1.本土最南端の無料キャンプ場2.設備と …

旅先のバイクメンテナンスについて!

憧れのバイク旅! バイクで旅に出たのはいいけど、 旅先でもメンテナンスした方がいいの? 当然、メンテナンスした方が 愛車は長持ちし、気持ちよく バイク旅することができます! 今回はバイク旅の旅先でのメ …

引きこもりライダ-メールマガジン

プロフィール

プロフィール

引きこもりライダー

鹿児島県在住のフリーランス、
引きこもりライダーです。

愛車の隼とクロスカブで
日本全国を駆け巡る
【バイクで旅する引きこもり】です。

詳細Profile

ツイッター

旅するセミナー

YouTube

YouTube

instagram